過敏性腸症候群ガス型に効く運動は?効果的に運動する前に必要な事

過敏性腸症候群ガス型で悩む人は、病院で整腸剤や漢方を処方して頂いたり、薬局やドラックストアで浣腸や下剤を購入される方が多いですね。

ですが、過敏性腸症候群ガス型を克服された方の中には、薬等に頼らずに健康的に克服された方も多く居られるのも確かです。

 

過敏性腸症候群ガス型に効く運動は?有酸素運動が大切な理由

 

一概には言えませんが、過敏性腸症候群ガス型で悩まれている方の多くは、運動不足気味な場合が多いですね。

常に強いストレスと不安感に襲われながらも一生懸命に自分の病気と戦っている人が多く、「運動でもするか!」とポジティブな考えへとは、なかなか結びつきませんからね。

 

過敏性腸症候群ガス型を克服するには、「腸内環境」も勿論大切ですが、「自律神経の乱れ」を正す事も大切です。

 

適度な運動やストレッチ等を取り入れる事で、運動不足や腸の動きの不足等を解消し、自律神経の乱れを治す事が可能です。

もちろん、適度な汗をかき、身体中の血の巡りを良くする事で、ストレス解消や新陳代謝の向上によって身体に染み付いた臭いを取る効果が有ります。

 

過敏性腸症候群ガス型と自律神経の関係

 

私達人間は強いストレスを感じると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は乱れると腸内へと働きかける性質が有り、便秘になったりガスが発生されやすい状況になります。

 

女性の場合なら妊娠中、月経時に差し掛かると黄体ホルモンが多く分泌され、自律神経が乱れ易くなり、過敏性腸症候群ガス型の症状が悪化してしまう事も有ります。

 

過敏性腸症候群ガス型と運動の関係 運動前の注意点

 

基本的に1日30分以内のウォーキングや軽めのジョギングを中心にして頂きたいのですが、あまり目標を高く設定せずに、仕事等で疲れきっている時にはしっかり休むようにして下さいね。

運動の目的は

① 「新陳代謝を上げて血流を良くする事で、ストレスを解消して自律神経の乱れを改善する事」

② 「運動する事によって腸の働きを促し、腸内環境の改善を計る」

③ 「適度な汗をかいたり老廃物を効率的に排出する事で、体内に解け出した臭いを排出する」

等が目的ですので、気軽に無理せず楽しく運動するように心がけたいですね。

 

③の場合に注意して頂きたいのですが、過敏性腸症候群ガス型の方の多くは「自臭症」を併発している方が多く、自分からは臭いがしていないのにも関わらず、臭いがしていると錯覚している人が殆どです。

 

気になる場合の多くは、腸内から胃へ上がって来た消化不良等が原因の臭いが大半なので、腸内環境を改善する食事等を意識する事によって、改善する事が可能です。

 

気軽に気長にが大切です(^^)

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

コメントを残す