カイテキオリゴは過敏性腸症候群に良い?実際に飲んで分かった事

カイテキオリゴはなかなか普段の食事では摂取出来ないオリゴ糖が、高純度で含まれていて、他のオリゴ糖製品とは違って「停滞期」が来にくく、継続的に飲んでいても効果が落ちにくいのが特長ですね。

オリゴ糖の種類は本当に多くて、オリゴ糖製品の多くには、数種類のオリゴ糖程度しか含まれていない事が多く、私達の腸内に居る善玉菌と上手くマッチしてくれないと効果が実感しにくい場合が多いです。

特に私達のように過敏性腸症候群(私は基本的にガス型でした)で悩んでいる場合、腸内環境はかなり劣悪な環境になっている筈なので、ゆっくりと時間をかけて確実に善玉菌を増やして行く事が必要になります。

 

カイテキオリゴを飲む前は、色々なヨーグルトや腸内環境正常化系のサプリメントを試して来ましたが、やはり太りにくく継続しやすい事が大切ですね。

カイテキオリゴは他のオリゴ糖食品とは違って変に加糖されていない事や、腸内でしか吸収される事が無く、脂肪として蓄えられる事が無いので、虫歯や肥満等の心配も無く、上品な味なので続けやすいですね。

 

過敏性腸症候群ガス型の方はいきなり10gとかにしてしまうと、始めの内にガスが大量に出てしまう可能性があるので、少なめから始める方がオススメです。

(私のオススメは、スプーン半分位~スプーン半分強位)

 

最初の内は、健康的な腸みたいに一気にカイテキオリゴを飲んでしまうと、腸がずっとゴロゴロしたままになりお腹が張って痛い日も有りました。

なので、過敏性腸症候群の方はカイテキオリゴの公式サイトが提案している量から始めると、効果が有り過ぎるので、少なめが良いですね。

 

私の場合はカイテキオリゴを飲み始めて早い段階でおならの臭いが緩和されて、1~2週間位で悪臭は無くなりました。

 

カイテキオリゴは過敏性腸症候群に良い?飲むポイント等

 

私と同じように過敏性腸症候群で悩まれている方にカイテキオリゴを勧める場合、以下のようなポイントについても話しています。

 

① 最初の3日位は少なめ

カイテキオリゴは最初の内は飲んでから比較的短時間位で、お腹がゴロゴロした感じになり、変化を実感出来る場合が多いです。

なので、少なめから始める方が良く、ゴロゴロした感じが怖く苦手な人は、週末や連休に飲むと良いですね。

 

② ヨーグルトや野菜ジュース、青汁やサプリメントと併用する。

カイテキオリゴのみコーヒーや紅茶等に溶かして飲むよりは、ヨーグルトや野菜ジュース等のお腹に良い飲み物と飲むとより効果的です。

 

便秘解消系では結構有名なのですが、強めの炭酸水等も良い感じになりますが、カイテキオリゴを飲んで過敏性腸症候群の症状が治まって来てからの方がトラブルは少ないと思います。

 

野菜ジュース系はトマト含有率の高めの方が、水溶性食物繊維やビタミンだけでは無く、リコピンによる整腸作用も期待出来ます。

あと、野菜ジュースはサラサラの物はあまり飲んでも期待出来ないみたいなので、ドロっと濃厚な物の方が良いみたいですね。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

コメントを残す