私もそうでしたが、過敏性腸症候群ガス型で悩まれている方が、病院等から処方される漢方は非常に高価ですね。

それに、漢方はゆっくりと症状を和らげたりする事が目的で、過敏性腸症候群ガス型を根本的に治療する事は不可能に近いです。

私も過敏性腸症候群を発症して病院受診した際も、色々な薬や漢方を処方されましたが、良くてその場しのぎ、悪くて悪化(腹部に激しい痛み、トイレから離れない位の下痢)等で悩ませられたりして、「何故、自分はこんな事ばかりなのか・・・」と真剣に悩みました。

 

過敏性腸症候群ガス型の人が処方される漢方について

 

「桂枝加芍薬湯 (けいしかしゃくやくとう)」

過敏性腸症候群ガス型だけでは無く、過敏性腸症候群で悩む人の殆どの人が一度は処方されるのではないかと思われる位有名な漢方ですね。

 

「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)」

上の「桂枝加芍薬湯 (けいしかしゃくやくとう)」に、「大黄」と呼ばれる下剤作用の強い成分が追加された漢方です。

 

私の場合は、非常に強い痛みと下痢に悩まされ、過敏性腸症候群ガス型に関して目立った改善が見られなかった漢方でもあります。

 

「芍薬甘草湯」

腹部の痛みを和らげる効果の有る漢方で、過敏性腸症候群を発症し、痛みを感じてしまう場合に効果が有ると言われています。

 

「大建中湯 (だいけんちゅうとう)」

下痢や便秘等の腸内の異常に対して効果の有る漢方だと言われています。

術後の傷口等の痛みに対しても処方される事が多いみたいです。

過敏性腸症候群のガス型だけではなく、過敏性腸症候群全般に処方される事が多いみたいですね。

 

「人参湯 (にんじんとう)」

過敏性腸症候群ガス型に処方される事は少ないかも知れませんが、過敏性腸症候群下痢型と混合型には処方される事が多い漢方です。

 

「加味逍遥散 (かみしょうようさん)」

過敏性腸症候群だけでは無く、消化器系の病気に処方される事も有り、更年期障害の為の漢方ですね。

精神的なストレスや自律神経の乱れを抑える働きが有ると言われています。

 

「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」

過敏性腸症候群だけでは無く、腹部を温めたり冷え性の方に処方される事が多い漢方です。

 

過敏性腸症候群ガス型は漢方で改善出来る?私の場合

 

上記の漢方が過敏性腸症候群ガス型やその他の過敏性腸症候群で悩む人が、病院で処方される主な漢方だと思います。

私の場合は、「コレが駄目なら次はコレで様子を見ましょう」と言った具合に、色々な漢方を試して頂いた記憶が有ります。

 

私の場合は効果は有りませんでしたが、高い授業料だと思っています。

結局の所、漢方等に頼らず、ストレスを溜めないようにして、オリゴ糖や乳酸菌を積極的に摂り、食物繊維を意識して炭水化物を減らす事が一番効果が有りました。

 

今はサプリメントが発達して高純度の物も販売されています。

諦めないで色々試すのが一番の近道ですね。