過敏性腸症候群のガス型の症状を改善するには、腸内環境を整えることが先決です。

まずは、腸内を悪玉菌よりも善玉菌が優位な状態にします。

そのためには、まず便秘をしないように気をつけましょう。

そして、ガス型の過敏性腸症候群の場合、ストレス以外の他の要因も考えられます。

 

まず、腸にガスが溜まる原因として、食べ物があります。

ガスを発生しやすい食べ物を食べた時です。

でも、ガス型の一番の原因は、便秘による腸内環境の悪化です。

 

便秘は、便が腸内に長く留まっている状態です。

その間、腸内で便の発酵が進み、ガスが異常発生した状態になります。

腸内異常発酵、腸内が腐敗しています。

 

ゲップとして体内に出ない分は、オナラとして体内に出ます。

発酵が進んでいるので、においも気になります。

腸内が汚れている、腸内異常発酵している場合、黒っぽい焦げ茶色の便になります。

 

正常な便は、臭いもきつくはなく、黄色から茶褐色の便になるので、便で腸内の状態をセルフチェックできます。

過敏性腸症候群ガス型のセルフチェックは、他にも、お腹にガスが溜まりやすく膨満感がある、お腹がよく鳴る、おならが頻繁に出る、休日は症状が出ない、残便感がある、排便すると症状が治まる、などが挙げられます。

 

セルフチェックして、過敏性腸症候群を防ぐ生活習慣を心掛けましょう。

 

 

過敏性腸症候群のガス型に悩んでいる人は、どのような症状に苦しんでいるのでしょか。

過敏性腸症候群のガス型の人は、便秘に悩んでいる人が多く、腹痛や腹部に不快を感じて生活しています。

原因不明の急な腹痛が典型的な過敏性腸症候群の症状です。

 

急な便意、排便したのにスッキリしない、頻繁に臭いが気になるおならが出る、ゲップの回数が多い、などの症状があります。

過敏性腸症候群には4つのタイプがありますが、その中でもガス型に悩む人はけっこう多いです。

 

おならが特に食後に頻繁に出たり、無意識なおならが出て、臭いが気になったりするので、酷くなると日常生活に支障をきたすこともある、厄介な病気です。

過敏性腸症候群のガス型の治療方法ですが、基本的には、すぐに治癒する病気ではありません。

 

一度診断されると、気長に根気強く治療を続けることが必要になります。

残念ながら、完治が難しいと言われて、投薬すれば治るという病気ではないので、上手に付き合う方法を考えましょう。

なかなか治らないのが現状なのです。

 

そして、精神的なことが原因で体に不調が出る状態なので、心療内科を受診することをお勧めします。

心療内科を受診して、ストレスの原因を知ることができれば、改善の方向へ進むかもしれません。

 

 

私もそうでしたが、過敏性腸症候群ガス型で悩まれている方が、病院等から処方される漢方は非常に高価ですね。

それに、漢方はゆっくりと症状を和らげたりする事が目的で、過敏性腸症候群ガス型を根本的に治療する事は不可能に近いです。

私も過敏性腸症候群を発症して病院受診した際も、色々な薬や漢方を処方されましたが、良くてその場しのぎ、悪くて悪化(腹部に激しい痛み、トイレから離れない位の下痢)等で悩ませられたりして、「何故、自分はこんな事ばかりなのか・・・」と真剣に悩みました。

 

過敏性腸症候群ガス型の人が処方される漢方について

 

「桂枝加芍薬湯 (けいしかしゃくやくとう)」

過敏性腸症候群ガス型だけでは無く、過敏性腸症候群で悩む人の殆どの人が一度は処方されるのではないかと思われる位有名な漢方ですね。

 

「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)」

上の「桂枝加芍薬湯 (けいしかしゃくやくとう)」に、「大黄」と呼ばれる下剤作用の強い成分が追加された漢方です。

 

私の場合は、非常に強い痛みと下痢に悩まされ、過敏性腸症候群ガス型に関して目立った改善が見られなかった漢方でもあります。

 

「芍薬甘草湯」

腹部の痛みを和らげる効果の有る漢方で、過敏性腸症候群を発症し、痛みを感じてしまう場合に効果が有ると言われています。

 

「大建中湯 (だいけんちゅうとう)」

下痢や便秘等の腸内の異常に対して効果の有る漢方だと言われています。

術後の傷口等の痛みに対しても処方される事が多いみたいです。

過敏性腸症候群のガス型だけではなく、過敏性腸症候群全般に処方される事が多いみたいですね。

 

「人参湯 (にんじんとう)」

過敏性腸症候群ガス型に処方される事は少ないかも知れませんが、過敏性腸症候群下痢型と混合型には処方される事が多い漢方です。

 

「加味逍遥散 (かみしょうようさん)」

過敏性腸症候群だけでは無く、消化器系の病気に処方される事も有り、更年期障害の為の漢方ですね。

精神的なストレスや自律神経の乱れを抑える働きが有ると言われています。

 

「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」

過敏性腸症候群だけでは無く、腹部を温めたり冷え性の方に処方される事が多い漢方です。

 

過敏性腸症候群ガス型は漢方で改善出来る?私の場合

 

上記の漢方が過敏性腸症候群ガス型やその他の過敏性腸症候群で悩む人が、病院で処方される主な漢方だと思います。

私の場合は、「コレが駄目なら次はコレで様子を見ましょう」と言った具合に、色々な漢方を試して頂いた記憶が有ります。

 

私の場合は効果は有りませんでしたが、高い授業料だと思っています。

結局の所、漢方等に頼らず、ストレスを溜めないようにして、オリゴ糖や乳酸菌を積極的に摂り、食物繊維を意識して炭水化物を減らす事が一番効果が有りました。

 

今はサプリメントが発達して高純度の物も販売されています。

諦めないで色々試すのが一番の近道ですね。

 

 

過敏性腸症候群ガス型で悩む人は、病院で整腸剤や漢方を処方して頂いたり、薬局やドラックストアで浣腸や下剤を購入される方が多いですね。

ですが、過敏性腸症候群ガス型を克服された方の中には、薬等に頼らずに健康的に克服された方も多く居られるのも確かです。

 

過敏性腸症候群ガス型に効く運動は?有酸素運動が大切な理由

 

一概には言えませんが、過敏性腸症候群ガス型で悩まれている方の多くは、運動不足気味な場合が多いですね。

常に強いストレスと不安感に襲われながらも一生懸命に自分の病気と戦っている人が多く、「運動でもするか!」とポジティブな考えへとは、なかなか結びつきませんからね。

 

過敏性腸症候群ガス型を克服するには、「腸内環境」も勿論大切ですが、「自律神経の乱れ」を正す事も大切です。

 

適度な運動やストレッチ等を取り入れる事で、運動不足や腸の動きの不足等を解消し、自律神経の乱れを治す事が可能です。

もちろん、適度な汗をかき、身体中の血の巡りを良くする事で、ストレス解消や新陳代謝の向上によって身体に染み付いた臭いを取る効果が有ります。

 

過敏性腸症候群ガス型と自律神経の関係

 

私達人間は強いストレスを感じると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は乱れると腸内へと働きかける性質が有り、便秘になったりガスが発生されやすい状況になります。

 

女性の場合なら妊娠中、月経時に差し掛かると黄体ホルモンが多く分泌され、自律神経が乱れ易くなり、過敏性腸症候群ガス型の症状が悪化してしまう事も有ります。

 

過敏性腸症候群ガス型と運動の関係 運動前の注意点

 

基本的に1日30分以内のウォーキングや軽めのジョギングを中心にして頂きたいのですが、あまり目標を高く設定せずに、仕事等で疲れきっている時にはしっかり休むようにして下さいね。

運動の目的は

① 「新陳代謝を上げて血流を良くする事で、ストレスを解消して自律神経の乱れを改善する事」

② 「運動する事によって腸の働きを促し、腸内環境の改善を計る」

③ 「適度な汗をかいたり老廃物を効率的に排出する事で、体内に解け出した臭いを排出する」

等が目的ですので、気軽に無理せず楽しく運動するように心がけたいですね。

 

③の場合に注意して頂きたいのですが、過敏性腸症候群ガス型の方の多くは「自臭症」を併発している方が多く、自分からは臭いがしていないのにも関わらず、臭いがしていると錯覚している人が殆どです。

 

気になる場合の多くは、腸内から胃へ上がって来た消化不良等が原因の臭いが大半なので、腸内環境を改善する食事等を意識する事によって、改善する事が可能です。

 

気軽に気長にが大切です(^^)

 

 

過敏性腸症候群ガス型で悩まれている人は、担当の医師や薬剤師、ドラックストアやネット上の情報等から、ビオフェルミンを知り、服用されている人が多いですね。

 

 

ビオフェルミンは知名度が高く、安心して飲む人が多い反面、どうしてもに頼りきってしまう人が多く、過敏性腸症候群ガス型を改善するに至らない場合が多いですね。

 

ビオフェルミンとは一体どういった役割が有り、どういった薬なのか?

 

まず、過敏性腸症候群ガス型の原因は、

● ストレスや強迫観念により、自律神経が乱れる事で、腸内環境が変化してしまう

● 腸内環境が健康的な状態にならず、腸内の悪玉菌が増えすぎてしまい、人体にとっても有害なガスが沢山出てしまう

● 就寝時に多いのですが、過敏性腸症候群ガス型で悩まれている方は、就寝中、無意識の内に空気を沢山飲み込み過ぎてしまっている場合等が過敏性腸症候群ガス型の主な原因と言われています。

 

ビオフェルミンには腸液を酸性にする働きが有り、増えすぎてしまった悪玉菌を減らしたり、死滅させてしまう働きが有ります。

副作用等の心配は基本的には有りませんが、一時的に悪玉菌の増殖を抑える事しか出来ません。

 

やはり過敏性腸症候群ガス型の根本的な改善には至らず、食生活等を改善しない場合、ビオフェルミンを飲まなくなると同時に、元の状態に戻るか以前よりも悪化してしまう事が多いです。

 

過敏性腸症候群ガス型とビオフェルミンの関係 一番大切な事は?

 

過敏性腸症候群ガス型は「精神的なストレス」「食生活」「生活環境」等が複雑に入り交じった場合が多く、どれか1つだけ解決したからと言って簡単に改善出来ると言う訳では有りません。

ですが、過敏性腸症候群ガス型を克服した方や、改善しながら仕事をされている方も沢山居られます。

 

大切な事は決して諦めずに、正しい改善方法を試す事です。

ですが、「治す!治す!」と意気込んでしまうとそれがまたストレス等になってしまい、過敏性腸症候群ガス型がより悪化してしまう可能性も有るので、効果的で今すぐ出来る方法から試して行きたい所ですね。

 

ビオフェルミンよりも確実な過敏性腸症候群ガス型の改善方法は?

 

先ほどでも触れましたが、過敏性腸症候群ガス型の原因は「精神的なストレス」「食生活」「生活環境」が大きな原因です。

おならの原因は大量に飲み込み過ぎた空気と、消化不良等が原因で起こる悪玉菌の増加です。

 

ビオフェルミンには腸内の悪玉菌の増加を抑えたり、死滅させる働きが有るのですが、悪玉菌に耐性を付けられてしまう可能性や、腸内環境の正常化には至らない等の不満点が有ります。

過敏性腸症候群ガス型を改善するには、腸内環境の正常化も大切な要因で、今からでも簡単に出来ます。

 

● ビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維等を意識して摂る事で、腸内の悪玉菌を健康的に改善して行きます。

具体には、ヨーグルトやオリゴ糖、繊維質の多い野菜等を意識して摂り、肉や油等の多い物は減らして行きます。

冷たい食べ物や飲み物は腸に刺激を与える事が多いので避ける事が必要ですね。

 

● 過敏性腸症候群ガス型の方は次の日にストレスを持ち込まないようにする事が大切で、適度な運動等を控えてしまう傾向が有ります。

腸内環境を健康的な状態にするには、身体や精神も健康的な状態にする必要が有ります。

適度な運動を加える事で、ストレス発散にもなりますし、身体全体の血流も良くなり、自律神経の乱れを改善する事も可能です。

 

● これは今すぐ出来る事では無いのかも知れませんが、過敏性腸症候群ガス型の方の多くは、眠っている間に沢山の空気を無意識に吸いすぎてしまっている場合が多いです。

眠る姿勢を変えてみたり、病院等でマウスピースを作って貰う事で、おならが減ったと言われている方も多いです。