過敏性腸症候群のガス型の症状を改善するには、腸内環境を整えることが先決です。

まずは、腸内を悪玉菌よりも善玉菌が優位な状態にします。

そのためには、まず便秘をしないように気をつけましょう。

そして、ガス型の過敏性腸症候群の場合、ストレス以外の他の要因も考えられます。

 

まず、腸にガスが溜まる原因として、食べ物があります。

ガスを発生しやすい食べ物を食べた時です。

でも、ガス型の一番の原因は、便秘による腸内環境の悪化です。

 

便秘は、便が腸内に長く留まっている状態です。

その間、腸内で便の発酵が進み、ガスが異常発生した状態になります。

腸内異常発酵、腸内が腐敗しています。

 

ゲップとして体内に出ない分は、オナラとして体内に出ます。

発酵が進んでいるので、においも気になります。

腸内が汚れている、腸内異常発酵している場合、黒っぽい焦げ茶色の便になります。

 

正常な便は、臭いもきつくはなく、黄色から茶褐色の便になるので、便で腸内の状態をセルフチェックできます。

過敏性腸症候群ガス型のセルフチェックは、他にも、お腹にガスが溜まりやすく膨満感がある、お腹がよく鳴る、おならが頻繁に出る、休日は症状が出ない、残便感がある、排便すると症状が治まる、などが挙げられます。

 

セルフチェックして、過敏性腸症候群を防ぐ生活習慣を心掛けましょう。