過敏性腸症候群のガス型に悩んでいる人は、どのような症状に苦しんでいるのでしょか。

過敏性腸症候群のガス型の人は、便秘に悩んでいる人が多く、腹痛や腹部に不快を感じて生活しています。

原因不明の急な腹痛が典型的な過敏性腸症候群の症状です。

 

急な便意、排便したのにスッキリしない、頻繁に臭いが気になるおならが出る、ゲップの回数が多い、などの症状があります。

過敏性腸症候群には4つのタイプがありますが、その中でもガス型に悩む人はけっこう多いです。

 

おならが特に食後に頻繁に出たり、無意識なおならが出て、臭いが気になったりするので、酷くなると日常生活に支障をきたすこともある、厄介な病気です。

過敏性腸症候群のガス型の治療方法ですが、基本的には、すぐに治癒する病気ではありません。

 

一度診断されると、気長に根気強く治療を続けることが必要になります。

残念ながら、完治が難しいと言われて、投薬すれば治るという病気ではないので、上手に付き合う方法を考えましょう。

なかなか治らないのが現状なのです。

 

そして、精神的なことが原因で体に不調が出る状態なので、心療内科を受診することをお勧めします。

心療内科を受診して、ストレスの原因を知ることができれば、改善の方向へ進むかもしれません。