過敏性腸症候群の辛い症状に悩んでいる人は多いと言われています。

過敏性腸症候群はIBSとも言われ、大きな原因はストレスだと言われ、現代病の一つと言われています。

でも、大きなストレスを抱える人すべてが、過敏性腸症候群になるかと言えば、そんなことはありません。

 

人は、大きなストレスを抱えると、免疫力が低下します。

免疫力が低下すると、自分の弱い部分を中心に、色々な不調が現れます。

過敏性腸症候群に苦しむ人は、もともと胃腸が弱い人である場合が多いようです。

 

ストレスにより自律神経のバランスが乱れると、腸が過剰に働きガスが溜まり膨満感に苦しむ、または下痢になったりします。腸の動きが鈍くなると便秘になります。

そこで、過敏性腸症候群に、腸の働きを調整する働きがある薬、セレキノンを試してみませんか。

セレキノンは、弱っている胃腸の活動を活発します。

 

胃に溜まった食べ物を、腸に送り出す動きを助けます。

逆に、胃腸の運動が亢進して過剰に動いている時は、抑制する作用があります。

胃腸の動きを正常化していきます。

 

セレキノンは、胃腸機能調整薬、消化管運動調律薬に分類されます。

安全性、副作用が少ないセレキノンを、過敏性腸症候群の緩和に試してみませんか。