プロポリスはミツバチが蜂の巣を細菌等から守る働きの有る成分で、アトピーや花粉症、内臓系の疾患等にも良いとされていますね。

 

 

自己免疫機能の向上や健康増進効果だけでは無く、各種皮膚病や動脈硬化の予防等の期待も出来る事から、過敏性症候群で悩む方だけでは無く、色々な方に注目されている成分の一つですね。

 

私は過敏性症候群ガス型で悩んでいたので、インタネット等で軽くプロポリスについて調べてみましたが、過敏性症候群全体に効くと言うよりは、下痢型に効くみたいですね。

ここで注意したい所は、プロポリスには下痢を抑える働きが有る事と動時に、副作用によって下痢や胃の不快感が出てしまう可能性が有ると言う事です。

 

また、「独立行政法人国立健康 栄養研究所」によると、下痢への効能や効果に関して、関連性等の記録が存在しないとの事・・・・

ですが、過敏性症候群や下痢とプロポリスとの関連性についての研究を行った人が居ないだけの話なので、決して否定出来ないですね。

 

過敏性症候群で悩む人がプロポリスを摂る場合、健康目的で服用してみて、副産物的に過敏性症候群にも効いて来る事を期待しておいた方が良いですね。

ですが、プロポリスは過敏性症候群目的で飲むと、直接的な効果は期待出来ないのかも知れませんが、身体の各種機能を向上させた結果として過敏性症候群も改善るかも知れませんね。

 
>>プロポリスの詳細はこちらです<<
 

過敏性腸症候群は腸内環境と精神的な物が複雑に絡み合う事が原因で起きる病気で、精神的な物を変えるだけで改善される訳では無く、腸内環境を良くするだけで改善さえると言う単純な物では無いですね。

 

 

結論から言ってしまうと、プロバイオティクスは胃液や胆汁酸、善玉菌に負けない菌の事で、過敏性腸症候群を改善する為に有効ですね。

まず、プロバイオティクスは生きている事が重要で、私達の腸等で確実に繁殖してくれる事や、私達人間にとって有効性が高い事等が前提です。

 

また、価格的に安い物も定義に含まれていますので、「過敏性腸症候群に効きます」等のうたい文句で、高い値段を請求して来る商品は信用するに値しないと言う事ですね。

プロバイオティクスを使用した商品の多くは、商品のどこかしらに記載されている事が多いので、比較的簡単に見つける事が可能だと思います。

 

ですが、そのプロバイオティクスを使用した商品自体に使われる菌が、自分の腸内環境に適応出来るのかは別の話になりますので、オリゴ糖や酪酸菌等を並行して摂ると、過敏性腸症候群の改善により効果的だと思います。

 

自分の腸内の善玉菌からすれば、プロバイオティクスも立派な「敵」ですので、賢く共生させたい所ですね。

 

>>プロバイオティクスの詳細はこちらです<<
 

ザ・ガードは「納豆菌」と「乳酸菌」などの善玉菌へと働きかける菌と、腸内の善玉菌自体を増やす働きのある「パントテン酸カルシウム」を配合した整腸錠です。

 

 

過敏性症候群の中でも、ガス型と下痢型、便秘型への効果が期待出来ると思います。

もちろん、複合型にも効果が有ると思いますが、分泌型の場合は腸管粘膜の異常が大きいと思われますので、なかなか難しいのが現状だと思われます。

 

過敏性腸症候群は日ごろの食事環境も大きな要因となりますが、心因的な物も非常に大きな要因ですので、ザ・ガードを飲み始めて短期間で「これも効かない」と強く思ってしまったり、服用を中止してしまうと、期待出来る効果が得られません。

 

先ほどでも触れましたが、ザ・ガードには、腸内環境を良くする働きが有る成分が含まれていますので、継続して飲み続ける事で必ず腸内環境の改善が期待出来ます。

 

ザ・ガードを服用する事と並行して、冷たい物は出来るだけ飲まない事、辛い物や香辛料等の刺激物は避ける事、下剤や下剤に近い効果の有る漢方の服用は避ける事、肉や揚げ物等を避ける事、「キャンドルブッシュ」「センナ」等は避ける事が大切です。

 

また、ヨーグルトや食物繊維は積極的に摂る事が大切で、オリゴ糖やお腹マッサージも非常に効果的です。

 
>>ザ・ガードコーワの詳細はこちらです<<
 

ルビプロストンは過敏性腸症候群に効くのかについてですが、過敏性腸症候群の便秘型にも効果が有ると言う話ですね。

 

 

ここで間違いそうになりかも知れませんが、過敏性腸症候群全体に効くのでは無く、便秘型に効果が有るとの事なので、ガス型や下痢型、分泌型で悩まれている知人の方がご家族が居られます場合は、ご注意下さいね。

 

過敏性腸症候群便秘型に効果が有ると言われているルビプロストンと言う薬は、

◯ 32年ぶりの便秘改善薬として発表された薬である事

 

これだけ便秘で悩む人が多い中、意外ですね。

過敏性腸症候群の改善への研究がもっと進む事を祈ります。

 

◯ 大手製薬会社等では無く、ベンチャー企業が発表した事

 

ルビプロストンと言う名称では無く、「アミティーザ」と言う商品名なのですが、「スキャンポ ファーマ株式会社と言う会社が開発・発表・販売しています。

 

◯ 従来の便秘改善薬とは違う仕組みで解消する事

 

便秘改善薬の主流は、①腸を刺激して排便を促すタイプと②腸に水分を集めて排便を促すタイプが有ります。

この、①は腸を刺激してしまうので、妊娠中は流産の危険性が有ったり、効き目が弱くなって来て自力で排便出来なくなる等の不安も有ります。

 

また、②はマグネシウム等の作用で腸への刺激が無く、副作用は少ない方なのですが、カルシウムと結合してしまったり、高マグネシウム血症と呼ばれる電解質代謝異常症を引き起こす可能性が有り、実際に死亡者も多いです。

等も有り、色々な方面の方から注目された薬でも有ります。

 

ルビプロストンは②に近い効果が有りますが、高マグネシウム血症が起きない等の利点が有ります。

ただし、比較的健康な方の場合ですので、注意が必要ですね。

 

ルイボスティーが過敏性腸症候群に効果が有ると言われている理由としては、

 

 

● カフェインが含まれていない

ルイボスティーにはカフェインが含まれていないので、精神的なストレスがかかりにくいです。

カフェインを摂ると覚醒作用が期待出来る反面、精神的なストレスを感じやすいと言った研究結果が有ります。

 

リラックス効果が期待出来るので、精神的な要因が大きいとされている過敏性腸症候群を改善するには効果的です。

カフェインによる覚醒作用によって神経質になり、特に理由も無く不安になったりする可能性が低いので頻度が高くでも安心です。

 

● 腸内環境を正常化してくれる

ルイボスティーには腸内環境を正常化してくれる働きが有ります。

過敏性腸症候群のガス型や下痢型、混合型に特に効果的で、便秘や下痢、おならの原因となる悪玉菌を減らしてくれます。

 

ルイボスティーに含まれている豊富なビタミンCは、利尿作用や美白や美肌作用の他に、腸内の善玉菌の栄養になると言ったメリットが有ります。

 

過敏性腸症候群を発症してしまった場合、腸内の善玉菌の量が少ない場合が多く、花粉症やアレルギーを並行して発症してしまっている場合が多いですね。

 

また、ストレスや悪玉菌が吐き出す有毒な物質が腸管から吸収される事が原因で、ニキビや吹き出物が出来たり、特に理由も無くイライラしたりする事が多いのですが、ルイボスティーに含まれている豊富なビタミンCやデトックス効果のおかげで、負担が軽減される場合が多いみたいですね。

 
>>ルイボスティーの詳細はこちらです<<
 

ラクティスは過敏性腸症候群にも効果的な乳酸菌を豆乳で育てた液状のサプリメントです。

美容にも非常に効果的で、「美人百科(2010年9月号)」内の優木まおみさんが、愛飲されていると言う事でも有名ですね。

 

 

ラクティスは基本的に1日1本を目安に飲むだけなので、自宅で煮出したルイボスティーやミントティー、デトックスティー等に溶かして携帯すると便利で飲み忘れも無さそうですね。

風味的にはレモン風味のさっぱりした風味なので、どんな物でも比較的合わせ易いです。

 

健康的な腸の方はラクティスを一気の飲んでも大丈夫かも知れませんが、販売元でも1日数回以上に分けて飲む事を推奨していますね。

過敏性腸症候群で悩む方でラクティスを飲む方は効果が効き過ぎてしまうで、ガスや下痢が急激に悪化してしまう可能性が有るので、1日に数回以上に分けて飲む方が良いですね。

 

過敏性腸症候群の方ならご存知だと思いますが、あまり冷やした状態の飲み物にラクティスを入れて飲んでしまうと、腸に刺激を与えすぎて逆効果になってしまう可能性が高くなります。

 

それと、空腹時は胃酸が通常よりも濃くなってしまっています。

ラクティスに含まれている乳酸菌が死滅してしまう可能性が高くなるので、空腹時は先に何か飲んでからか、空腹を感じる前にラクティスを飲む方が良いですね。

 
>>ラクティスの詳細はこちらです<<
 

私もそうでしたが、過敏性腸症候群ガス型で悩まれている方が、病院等から処方される漢方は非常に高価ですね。

それに、漢方はゆっくりと症状を和らげたりする事が目的で、過敏性腸症候群ガス型を根本的に治療する事は不可能に近いです。

私も過敏性腸症候群を発症して病院受診した際も、色々な薬や漢方を処方されましたが、良くてその場しのぎ、悪くて悪化(腹部に激しい痛み、トイレから離れない位の下痢)等で悩ませられたりして、「何故、自分はこんな事ばかりなのか・・・」と真剣に悩みました。

 

過敏性腸症候群ガス型の人が処方される漢方について

 

「桂枝加芍薬湯 (けいしかしゃくやくとう)」

過敏性腸症候群ガス型だけでは無く、過敏性腸症候群で悩む人の殆どの人が一度は処方されるのではないかと思われる位有名な漢方ですね。

 

「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)」

上の「桂枝加芍薬湯 (けいしかしゃくやくとう)」に、「大黄」と呼ばれる下剤作用の強い成分が追加された漢方です。

 

私の場合は、非常に強い痛みと下痢に悩まされ、過敏性腸症候群ガス型に関して目立った改善が見られなかった漢方でもあります。

 

「芍薬甘草湯」

腹部の痛みを和らげる効果の有る漢方で、過敏性腸症候群を発症し、痛みを感じてしまう場合に効果が有ると言われています。

 

「大建中湯 (だいけんちゅうとう)」

下痢や便秘等の腸内の異常に対して効果の有る漢方だと言われています。

術後の傷口等の痛みに対しても処方される事が多いみたいです。

過敏性腸症候群のガス型だけではなく、過敏性腸症候群全般に処方される事が多いみたいですね。

 

「人参湯 (にんじんとう)」

過敏性腸症候群ガス型に処方される事は少ないかも知れませんが、過敏性腸症候群下痢型と混合型には処方される事が多い漢方です。

 

「加味逍遥散 (かみしょうようさん)」

過敏性腸症候群だけでは無く、消化器系の病気に処方される事も有り、更年期障害の為の漢方ですね。

精神的なストレスや自律神経の乱れを抑える働きが有ると言われています。

 

「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」

過敏性腸症候群だけでは無く、腹部を温めたり冷え性の方に処方される事が多い漢方です。

 

過敏性腸症候群ガス型は漢方で改善出来る?私の場合

 

上記の漢方が過敏性腸症候群ガス型やその他の過敏性腸症候群で悩む人が、病院で処方される主な漢方だと思います。

私の場合は、「コレが駄目なら次はコレで様子を見ましょう」と言った具合に、色々な漢方を試して頂いた記憶が有ります。

 

私の場合は効果は有りませんでしたが、高い授業料だと思っています。

結局の所、漢方等に頼らず、ストレスを溜めないようにして、オリゴ糖や乳酸菌を積極的に摂り、食物繊維を意識して炭水化物を減らす事が一番効果が有りました。

 

今はサプリメントが発達して高純度の物も販売されています。

諦めないで色々試すのが一番の近道ですね。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

カイテキオリゴはなかなか普段の食事では摂取出来ないオリゴ糖が、高純度で含まれていて、他のオリゴ糖製品とは違って「停滞期」が来にくく、継続的に飲んでいても効果が落ちにくいのが特長ですね。

オリゴ糖の種類は本当に多くて、オリゴ糖製品の多くには、数種類のオリゴ糖程度しか含まれていない事が多く、私達の腸内に居る善玉菌と上手くマッチしてくれないと効果が実感しにくい場合が多いです。

特に私達のように過敏性腸症候群(私は基本的にガス型でした)で悩んでいる場合、腸内環境はかなり劣悪な環境になっている筈なので、ゆっくりと時間をかけて確実に善玉菌を増やして行く事が必要になります。

 

カイテキオリゴを飲む前は、色々なヨーグルトや腸内環境正常化系のサプリメントを試して来ましたが、やはり太りにくく継続しやすい事が大切ですね。

カイテキオリゴは他のオリゴ糖食品とは違って変に加糖されていない事や、腸内でしか吸収される事が無く、脂肪として蓄えられる事が無いので、虫歯や肥満等の心配も無く、上品な味なので続けやすいですね。

 

過敏性腸症候群ガス型の方はいきなり10gとかにしてしまうと、始めの内にガスが大量に出てしまう可能性があるので、少なめから始める方がオススメです。

(私のオススメは、スプーン半分位~スプーン半分強位)

 

最初の内は、健康的な腸みたいに一気にカイテキオリゴを飲んでしまうと、腸がずっとゴロゴロしたままになりお腹が張って痛い日も有りました。

なので、過敏性腸症候群の方はカイテキオリゴの公式サイトが提案している量から始めると、効果が有り過ぎるので、少なめが良いですね。

 

私の場合はカイテキオリゴを飲み始めて早い段階でおならの臭いが緩和されて、1~2週間位で悪臭は無くなりました。

 

カイテキオリゴは過敏性腸症候群に良い?飲むポイント等

 

私と同じように過敏性腸症候群で悩まれている方にカイテキオリゴを勧める場合、以下のようなポイントについても話しています。

 

① 最初の3日位は少なめ

カイテキオリゴは最初の内は飲んでから比較的短時間位で、お腹がゴロゴロした感じになり、変化を実感出来る場合が多いです。

なので、少なめから始める方が良く、ゴロゴロした感じが怖く苦手な人は、週末や連休に飲むと良いですね。

 

② ヨーグルトや野菜ジュース、青汁やサプリメントと併用する。

カイテキオリゴのみコーヒーや紅茶等に溶かして飲むよりは、ヨーグルトや野菜ジュース等のお腹に良い飲み物と飲むとより効果的です。

 

便秘解消系では結構有名なのですが、強めの炭酸水等も良い感じになりますが、カイテキオリゴを飲んで過敏性腸症候群の症状が治まって来てからの方がトラブルは少ないと思います。

 

野菜ジュース系はトマト含有率の高めの方が、水溶性食物繊維やビタミンだけでは無く、リコピンによる整腸作用も期待出来ます。

あと、野菜ジュースはサラサラの物はあまり飲んでも期待出来ないみたいなので、ドロっと濃厚な物の方が良いみたいですね。

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

過敏性腸症候群ガス型で悩む人は、病院で整腸剤や漢方を処方して頂いたり、薬局やドラックストアで浣腸や下剤を購入される方が多いですね。

ですが、過敏性腸症候群ガス型を克服された方の中には、薬等に頼らずに健康的に克服された方も多く居られるのも確かです。

 

過敏性腸症候群ガス型に効く運動は?有酸素運動が大切な理由

 

一概には言えませんが、過敏性腸症候群ガス型で悩まれている方の多くは、運動不足気味な場合が多いですね。

常に強いストレスと不安感に襲われながらも一生懸命に自分の病気と戦っている人が多く、「運動でもするか!」とポジティブな考えへとは、なかなか結びつきませんからね。

 

過敏性腸症候群ガス型を克服するには、「腸内環境」も勿論大切ですが、「自律神経の乱れ」を正す事も大切です。

 

適度な運動やストレッチ等を取り入れる事で、運動不足や腸の動きの不足等を解消し、自律神経の乱れを治す事が可能です。

もちろん、適度な汗をかき、身体中の血の巡りを良くする事で、ストレス解消や新陳代謝の向上によって身体に染み付いた臭いを取る効果が有ります。

 

過敏性腸症候群ガス型と自律神経の関係

 

私達人間は強いストレスを感じると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は乱れると腸内へと働きかける性質が有り、便秘になったりガスが発生されやすい状況になります。

 

女性の場合なら妊娠中、月経時に差し掛かると黄体ホルモンが多く分泌され、自律神経が乱れ易くなり、過敏性腸症候群ガス型の症状が悪化してしまう事も有ります。

 

過敏性腸症候群ガス型と運動の関係 運動前の注意点

 

基本的に1日30分以内のウォーキングや軽めのジョギングを中心にして頂きたいのですが、あまり目標を高く設定せずに、仕事等で疲れきっている時にはしっかり休むようにして下さいね。

運動の目的は

① 「新陳代謝を上げて血流を良くする事で、ストレスを解消して自律神経の乱れを改善する事」

② 「運動する事によって腸の働きを促し、腸内環境の改善を計る」

③ 「適度な汗をかいたり老廃物を効率的に排出する事で、体内に解け出した臭いを排出する」

等が目的ですので、気軽に無理せず楽しく運動するように心がけたいですね。

 

③の場合に注意して頂きたいのですが、過敏性腸症候群ガス型の方の多くは「自臭症」を併発している方が多く、自分からは臭いがしていないのにも関わらず、臭いがしていると錯覚している人が殆どです。

 

気になる場合の多くは、腸内から胃へ上がって来た消化不良等が原因の臭いが大半なので、腸内環境を改善する食事等を意識する事によって、改善する事が可能です。

 

気軽に気長にが大切です(^^)

 

>>高純度オリゴ糖「 カイテキオリゴ」の詳細はこちらです<<

 

過敏性腸症候群改善を促進する薬として、「アステラス製薬」は「イリボー(R)錠」を販売しています。

 

 

過敏性腸症候群の治療に効果が有るとして、過敏性腸症候群で悩む全ての方から注目されている薬なのですが、「イリボー(R)錠」はある程度限定された方にしか効果が見られない薬ですので、間違えて購入してしまわないようにしたいですね。

 

私もアステラス製薬の同製品について質問を受ける事が多く、少しでも誤解が無いようにしたいと思い書き留めています。

 

過敏性腸症候群の薬の話「アステラス製薬」のイリボー(R)錠はどんな人に効くのか?

 

アステラス製薬のイリボー(R)錠は、過敏性腸症候群下痢型に効果の有る薬で、過敏性腸症候群ガス型等には効果は見られないと思います。

 

更に、男性における過敏性腸症候群下痢型に限定されてしまっているので、女性の方はアステラス製薬のイリボー(R)錠は使用出来ませんし、医師が処方する可能性は極めて低いと思います。

 

過敏性腸症候群の薬の話「アステラス製薬」のイリボー(R)錠は何が違うのか

 

アステラス製薬の過敏性腸症候群の薬「イリボー(R)錠は、「セロトニン5-HT3受容体結構剤」です。

 

セロトニンは過敏性腸症候群と密接に関係していると言われていて、

● 睡眠   ● 食欲   ● 喜怒哀楽   ● 体温

● 嘔吐感  ● 性欲 等重要な機能をコントロールし、

● 血液凝固   ● 血管の収縮等もコントロールしています。

 

勿論、腸内の腸管神経にも深く関係が有り、便通異常等を引き起こす可能性も有ります。

また、セロトニン受容体とは、中枢神経系内の受容体の一群の事です。

 

「アステラス製薬」のイリボー(R)錠は、このセロトニン受容体をコントロールする働きが有り、便通異常や痛みを抑制する効果が有ると言われています。

 

過敏性腸症候群の薬の話「アステラス製薬」のイリボー(R)錠のまとめ

 

① 男性の過敏性腸症候群下痢型や便秘型に効果が有ると言われています。

② 女性の過敏性腸症候群に効果は無いと思われます。

③ 過敏性腸症候群ガス型には効果は無いと思われます。